fc2ブログ

プール教室

ごきげんよう。
しんたろーでございます。

明日で12月になりますね。
誕生日にこっそり買ったハイドイメージのオーダメイド香水が今日届いたので後でレビューしようと思います。

それでは、今日はプールの話。
よろしければ追記からよろしくお願いします。




「聞いてない…」

むくれた顔でこちらを睨む赤い目に少しわざとらしく首を傾げる。

『何がだ?』

「スイミングスクール通うなんて聞いてないんだけど」

『あぁ、それか。言ってないからな』

「なんで」

『反対されるのは目に見えてたからな』


思い立ったが吉日と、チラシを手にしたその日のうちにスイミングスクールの入会手続きに足を運んだ。小学生の頃に習ったきりだが、恐らく問題なく泳げるだろうとコーチのつかないフリーコースを選んで、さっさと手続きを済ませて帰宅し、冒頭に戻る。


『別に私が行く時間帯はほぼほぼ年配の方しか来ないぞ』

「それでも君が人前に肌を見せるのが嫌なの、知ってるでしょ」

『いいじゃないか。健康のためだよ。いよいよ腹回り顔まわりがやばいから、君だって多少綺麗な女の子が恋人の方が良いだろう?』

「君のは太ってるんじゃなくてグラマラスだってば」

『それ惚れ目だからだよ…。痘痕も靨ってやつだよ…。…それに多分、太ってないにしても運動量が食べる量を下回ってるのは事実だぞ。今の状態だと中性脂肪とか、多分健康診断で引っ掛かるぞ』

「…確かに君の健康に繋がるなら…悪くは…ないけど…」

『なるべく露出度の低い水着を選ぶからさ。…あ、じゃあハイドが水着を選んでおくれよ。それならいいだろう?今のサイズで競泳用の水着は持っていないから、買わなくてはいけないんだ』

「分かった…」


某通販サイトの画面を立ち上げると、渋々といった表情でハイドは携帯の画面を覗き込んだ。


『泳ぐのは嫌いじゃないから前から通ってはみたかったんだよね』

「市民プールとかもあるでしょ?まぁ反対するのは変わらないと思うけど」

『そっちはなんだかんだ混んでるしなぁ、だったら 近くて、ちゃんと人の目があって、人数も少ない方がいいじゃないか』

「まぁ、うっかり眠っちゃって、誰も気づかずに…なんてゾッとするけどさ」

『そうそう。睡眠障害もあるからちょっと怖かったんだよね。
症状も落ち着いてきた今なら、って思って』


好きなことなら、無理せず運動が続けられるのではないかと思った。

プライドが高い人間が、少しでも生きやすくなるためには、どうしても自分を好きになる必要があるし。自信をつけるためにも、目に付きやすい体型を整えたいという気持ちも、勿論あるけれど。


泳ぐのは単純に好きで、だけど、ついこの間までなら諦めていたことだろうから。


「あ、このセパレートの水着はどう?露出は少ないし、生地も厚めで透けなそう。上下分かれてるけど、ピッタリとしたデザインだから泳ぎやすそうだし。…ほらちゃんと競泳用だよ」

『この会社は有名なところだな。値段は…お、思ったより安いな。安すぎないところがいい』

「12月出費多いけど…」

『まぁ何とかなるじゃろ』

「本当、君ってばテキトウだよね…」

やれやれとハイドは手元に家計簿を引き寄せた。いつの間にかつけていたのだろうか。
「別に記録つけなくても覚えてるんだけどね」なんて言いながら。

「僕も水着用意しなきゃじゃん」

『…ハイドも一緒に来るのか?』

「当たり前でしょ?…何、不満なの?」

『金槌なのに??』

「ぶっ飛ばすよ??」


右脳あたりに付き合ってもらう算段だったが…。
それを口に出せばいよいよ拗ねそうなので、心にしまった。

『水着デートができるなら、やっぱりプールに通うのは正解だったな』

「さらりとそういうこと言う…」

『美形の水着姿、写真を撮りたいくらいだ』

「ちょっと、セクハラやめてよね」

『セクハラだったか』

「全く…。こんな鱗だらけの体に、そんな事いうなんて君くらいだよ。
本当、物好き」

『それはブーメランだな』


言葉を交わす中、迷わず購入ボタンを押す。
明日にでも届くようだ。

物好きなハイドに君にとって私の水着は需要があるのか?と聞いたら、

少し怒ったような顔で額にチョップを食らった。

耳は真っ赤だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それでは、今回はここまで。
閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト



Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

しんたろー

Author:しんたろー
エキセントリックな思考の虫。
INTP性格型。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR